企業でのキャリア形成3つのポイント:あなたの道を見つける

career

あなたは自分のキャリアをどう形成すべきか、何を追求すべきかを考えたことはありますか?

企業で働くことは、ただ職業上のスキルを磨くだけでなく、自己の成長、自己実現の一部でもあります。
今回は、あなたが企業でのキャリアを形成し、自分だけの道を見つけるための3つのポイントを解説します。

1. 自己理解:自分が何を求めているのか理解する

自己理解は、自分のキャリアを形成する上で最初の一歩です。
自己理解が深まることで、自分が何を求めているのか、自分の強みや弱みは何なのか、そして自分がどんなキャリアを追求したいのかが明確になります。

そもそも自己理解とは、自分自身を深く理解し、自分の価値観や能力、そして目指すべき方向を明らかにすることです。

自己理解を深めるためには、自分の経験を振り返ってみることが有効です。

あなたがこれまでに得た経験や、それによって得た学び、感じた感情などを整理し、その中から自分の強みや弱み、価値観を見つけ出すのです。
また、自己理解を深めるためには、他人からのフィードバックも重要です。
他人の視点から自分を見つめ直すことで、自分では気付かなかった強みや弱み、改善点を発見
することができます。

2. 目標設定:自分がどこへ向かいたいのか明確にする

次に、自己理解を基にした目標設定が必要です。
あなたがどこへ向かいたいのか、何を達成したいのかを明確にすることで、日々の業務が目的意識を持って行えるようになります。
つまり、目標設定はあなたが自己実現を達成するための「地図」を作る作業と言えます。

目標を設定するときには、具体的で達成可能なものにすることが重要です。

具体的な目標は、達成のための道のりを明確にし、モチベーションを高めます。
また、目標は自分の価値観や、自分が何を重視しているのかを反映したものにすべきです。
自己理解に基づいて目標を設定することで、自分自身にとって意味のある目標を設定することができます。

3. アクションプラン:目標達成のための具体的な行動計画を作る

目標を設定したら、次はその目標達成のための具体的な行動計画を作ることが必要です。
これがアクションプランです。アクションプランを作ることで、目標達成のために何をすべきか、いつまでに何を達成すべきかが明確になります。

アクションプランを作るときには、目標を細分化し、その一つ一つに期限を設定することが重要です。
具体的には、1年間で達成したい大項目を作成したうえで、その項目について1月単位に分解していきます。そして毎週月曜日の朝に目標の具体的なアクションプランをスケジュール化します。

これにより、大きな目標を小さなステップに分けて取り組むことができ、達成感を得やすくなります。また、アクションプランは定期的に見直し、必要に応じて更新することも大切です。

まとめ

以上が、企業でのキャリア形成において考えるべきステップです。
これらのステップを踏むことで、あなた自身が主体となってキャリアを形成し、自己実現を達成する道を見つけることができます。
あなたの道を見つけ、それを追求することで、あなた自身の成長とともに、企業にも価値を提供することができるでしょう。


タイトルとURLをコピーしました