【23年6月】Amazonプライムビデオで絶対観たいSF映画(洋画)5選!

映画

出典:Amazon primevideo

Amazonプライムビデオで配信中のアクション映画5作品をランキングで紹介!
「映画って本当にいいな」と思える良作や名作を厳選しました。

おすすめする作品のあらすじや見どころを解説しています。
この記事は目次から各見出しに移動して、Amazonプライムビデオで作品を視聴することができます。

ナル
ナル

それでは、作品を見てみましょう♪

【洋画】AmazonプライムおすすめSF映画ランキングTOP5

Amazonプライムビデオにはベストセラー・名作から、話題の新作まで幅広い作品が配信されています。その中でも映画ファン ナルが特におすすめする映画5作品をランキングでお届けします。

ー1位『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け(吹替版)』(2019年)

出典:Amazon primevideo

レビュー


遥かな宇宙の彼方、星々が瞬く壮大な舞台で繰り広げられる戦いと冒険、愛と希望。それが『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』。これまでの伝説を継ぐ新たな勇者たちと共に、われわれは史上最大の壮絶な戦いに立ち向かう。

この映画は、まるで巨大な絵巻物を広げるかのよう。J.J.エイブラムス監督が描き出す壮大なスペクタクルは、画面越しに観る者の心を鷲掴みにする。それは、燃えるような夕日が大地を紅く染める風景のように、目を引きつけ、心を震わせる。

主人公のレイとカイロ・レンの間に織りなされる微妙な繋がりは、まるで運命の赤い糸のよう。彼らの運命が交錯し、融合し、そして新たな可能性へと開かれる様は、見る者を深い感動へと誘う。

そして、この映画の真骨頂は、過去の英雄たちと新たな勇者たちが絶妙に絡み合いながら物語を紡いでいく点だ。まるで古代の詩人が語り継ぐ伝説のような、壮大で情緒豊かな物語は、観る者を遥かな銀河系へと引き込む。

「スカイウォーカーの夜明け」はまさに、星々の煌きと闘い、そして希望の物語。心躍る冒険へ、一緒に飛び込んでみるのはいかが?

監督JJ Abrams
出演John BoyegaOscar IsaacDaisy Ridley

ー2位『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (字幕版)』(2017年)

出典:Amazon primevideo

レビュー

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズは2003年に公開された映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」からはじまる人気海賊冒険映画シリーズ。全5作品の完結編。

豪華な船、飛び交う剣、そしてジョニー・デップの魅せるジャック・スパロウ船長の個性あふれる演技。それが『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』だ。

この映画はまさに、大海原に浮かぶ巨大な船が大波に揺られる様を描いた絵画のよう。観る者をその波に乗せ、一緒に冒険へと巻き込むんだ。

そしてここに登場するのが、ジャック・スパロウ船長。ジョニー・デップが演じるスパロウ船長は、まるで舞台上の道化師のよう。危険な状況でも、常にユーモラスで、見ているこちらも笑顔になる。

そして新たな敵、サラザールを演じるハビエル・バルデムも見逃せない。彼の演技は、暗闇から襲い来る嵐のような迫力。スパロウ船長との対決は、見る者を緊張感に包み込む。

この映画の見どころは、エスペン・サンドベルグとヨアヒム・ローニングの二人が描き出す壮大な舞台だ。その美しい景色は、まるで絵画のよう。それは、海の底に沈む宝石箱を開けたかのような驚きと感動を与える。

また、スパロウ船長が探すポセイドンの三叉戟も注目点。その三叉戟を手にするシーンは、まるで太陽が海から昇るような壮観さ。

この映画は、冒険とロマンに満ちた海賊映画の金字塔。その世界観は、見る者を夢の中に引き込むような魔法の力がある。この冒険に一緒に乗船するのはいかが?
絶対にオススメだよ。一緒に海賊船に乗り込んで、大海原を駆け抜けよう。大航海の始まりだ。

監督ヨアヒム・ローニングエスペン・サンドベリ
出演ジョニー・デップカヤ・スコデラリオブレントン・スウェイツ

ー3位『マトリックス レザレクションズ(字幕版)』(2021年)

出典:Amazon primevideo

レビュー



真実と幻想、そして戦いが交錯する壮大な世界。それが『マトリックス レザレクションズ』。この映画はまるで、未知の領域に足を踏み入れた探検家のように、見る者を新たな世界へと誘う。

この映画の主人公ネオとトリニティは、まるで我々の心の中に存在する希望と絶望を具現化したかのよう。キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスの演技は、観る者を深い共感へと引き込む。

彼らが再びマトリックスに引きずり込まれ、新たな謎に立ち向かう様は、まるで迷宮に迷い込んだ勇者のよう。その壮絶な戦いは、観る者の心をドキドキさせる。

また、リリー・ウォシャウスキーの描く新たなマトリックスの世界も見逃せない。その世界は、まるで美しいけれども危険に満ちた未知の森。観る者を一瞬にして引き込む。

そして、新たなキャラクターたちも見どころの一つ。彼らの登場は、まるで新たな風が吹き抜けるような新鮮さ。それぞれの個性が絶妙に絡み合いながら物語を紡いでいく。

視覚的なエフェクトも映画の魅力の一つ。それは、まるで光の粒子が舞い踊る美しい光景のよう。観る者の感覚を刺激し、心を揺さぶる。

マトリックスの世界に再び足を踏み入れるのは、まるで既知の領域を超えて未知の旅へと出発する勇者のよう。その旅は、あなたの心に深い感動を残すだろう。

心を奪われるようなこの映画、是非一度観てみてほしい。新たなマトリックスの世界への招待状。それがこのレビューだ。興奮と驚きの旅、その始まりはここからだ。

監督ラナ・ウォシャウスキー
出演キアヌ・リーブスキャリー=アン・モスジェイダ・ピンケット・スミス

ー4位『ターミネーター(字幕版)』(1985年)

出典:Amazon primevideo

レビュー


ターミネーター、その名だけで胸が高鳴る。この映画は、まるでタイムマシンに乗り込んだかのように、1984年から観る者を未来へと誘ってくれる。その感動は、言葉に表すことはできない。それは体験しなければ分からない。

この映画の真髄は、何と言ってもアーノルド・シュワルツェネッガーの演技だろう。
彼の演じるターミネーターは、まるで生身の人間ではなく、無慈悲な機械そのもの。その冷酷さは観る者を凍りつかせる。一方で、その存在感は、まるで暗闇に立つ巨大な岩山のよう。
それは一見するだけで圧倒される。

そして、未来からの護衛者、カイルを演じるマイケル・ビーン。彼の存在感は、まるで過酷な戦場から生き抜いてきた戦士そのもの。その決意と勇敢さは、観る者の心を熱くさせる。

また、この映画のもう一つの主人公であるサラ・コナーを演じるリンダ・ハミルトンも見逃せない。彼女は、まるで小さな種から大きな樹が育つように、物語の中で成長していく。その成長は、観る者を感動へと導く。

監督のジェームズ・キャメロンは、この映画でまるで時間のマジシャンのよう。彼は観る者を過去と未来の間で揺さぶり、その間にある恐怖と希望を見事に描き出す。

そして、この映画の見どころは何と言っても特殊効果だ。それはまるで現実と幻想の境界を曖昧にする魔法のよう。観る者を現実から遠くへと引き離し、映画の世界へと引き込む。

また、この映画の音楽も見逃せない。それはまるで戦士の鼓動のように、観る者の心を高鳴らせる。

ターミネーターは、ただの映画ではない。それはまるで未来からのメッセージ。観る者を未来へと誘い、その中に潜む恐怖と希望を見せつける。観る者を未来の戦士へと変える。

観る者を未来へと誘うこの映画、一度観てみて欲しい。その感動は、言葉には表せない。未来への招待状、それがこのレビューだ。その未来は、観る者だけが知ることができる。観る者を未来の戦士へと変える、その旅の始まりはここからだ。

監督ジェームズ・キャメロン
出演アーノルド・シュワルツェネッガーマイケル・ビーンリンダ・ハミルトン

ー5位『メン・イン・ブラック (字幕版)』(1997年)

出典:Amazon primevideo

レビュー


サングラスをかけた2人の男、”メン・イン・ブラック”。彼らは地球を宇宙の危機から守るスーパーヒーローだ。黒いスーツに身を包んだこの2人の冒険は、まるで絵本から飛び出してきたようなユーモラスでエキサイティングな世界。

まずはウィル・スミス演じるJの存在感。彼はまるで新鮮な風のように映画を彩る。そのおどけた態度と鋭い洞察力は、まるでピカソのキャンバスに新たな色を加えるよう。

そして、ベテランのKを演じるトミー・リー・ジョーンズ。彼の鋭い眼差しとドライなユーモアは、まるで砂漠のオアシスのように映画を涼しげに演出する。

監督のバリー・ソネンフェルドは、この映画をまるで巧妙なパズルのように組み立てる。彼のカメラワークは、まるで高速のジェットコースターに乗っているかのようなスリルと興奮を観る者にもたらす。

そして、この映画の大きな魅力はエフェクトだ。それはまるで夢の中を歩いているかのような幻想的な世界を作り出す。その美しさは、観る者を魔法の世界へと誘う。

さらに、この映画の大きな見どころは宇宙人たちだ。彼らは、まるでパーティーの会場に集まったカラフルな仮装のよう。それぞれが個性的で、観る者を楽しませる。

「メン・イン・ブラック」は、ただのSF映画ではない。それはまるでカラフルなキャンディーのような映画。その甘さと色彩は、観る者を楽しい冒険へと誘う。あなたもこの冒険に参加してみてはいかがだろうか。その感動は、言葉には表せない。冒険の始まり、それがこのレビューだ。その冒険は、観る者だけが知ることができる。観る者を冒険の仲間へと変える、その旅の始まりはここからだ。



監督バリー・ソネンフェルド
出演ティム・ブレイニートミー・リー・ジョーンズウィル・スミス

タイトルとURLをコピーしました